バイオマス発電・バイオガス発電・メガソーラー・リチウムイオン蓄電池など、エジソンパワーが豊富な実績で快適な暮らしをサポート致します。

新着情報 - Contact

新着情報

11月6日 オーストリア農林大臣の立会のもとGRE社とエジソンパワー調印式 

再生可能エネルギーによる地域活性を実現するオーストリアの「ギュッシングモデル」を日本に普及させるための協定調印式を、オーストリア農林大臣アンドレー・ルップレヒター氏立会いのもと、11月6日(11時40分から12時10分)ホテルニューオータニにて行いました。

再生可能エネルギーによる地方創生を成功させた自治体として、世界的に知られるギュッシングで導入されたバイオガス発電技術とエネルギー林業を「ギュッシングモデル」として包括的に日本に導入するための調印式には、再生可能エネルギーによる発電事業を手掛ける株式会社エジソンパワーとギュッシングでバイオガス発電事業を手掛けるGüssing Renewable Energy GmbH、以下GRE社(マイケル・ディヒャント会長:ギュッシング)が出席しました。


GRE社と(株)エジソンパワーは、2014年にバイオガス発電技術ライセンス契約を締結、今秋、国内1号機の設置が茨城県大子町に決定したことを受け、両社は発電技術のみならず、エネルギー林業分野においても包括的パートナーとして協力し、日本におけるギュッシングモデルの構築を通じて、地方創生を実現すべく、エネルギー林業技術・ノウハウ供与、トレーニングプログラムの実施、宣伝活動などを行います。



さらにこの日の調印式が11月16日の新エネルギー新聞の記事になりました。
全文はこちら